シンプル処方で胃のもたれ・痛みをすっきり

ストレス社会の必携品「開気丸」「半夏瀉心湯」

シンプルな漢方処方で胃のもたれ、痛みスッキリ

二つの生薬が作用し、胃の不調を解消  

ストレス社会ということで昨今は胃の不調を訴える人が増えています。              緊張感の持続や、精神的なストレスにもたらされる胃酸過多、胸やけ、胃部膨満感、胃の痛みなどの症状は、中医学で「肝気犯胃(かんきはんい)」といわれ、ひどくなると胃潰瘍や十二指腸潰瘍へと進行するので注意しなければならない。

中医学では、ストレスの影響を最も受けやすい臓器は肝だと考えている。             ストレスに抵抗して肝の気が過剰になると、肝と関連の深い臓器・胃の動きが剋されて(抑制される)、様々な胃のトラブルとなって現れる。                             不安や緊張などの心理状態は、胃酸過多や胃粘膜の瘀血(血液の滞り)状態を引き起こす一方、痿躄を保護する粘液の分泌を減少させて、潰瘍の原因となる。

こうした症状を解消してくれる漢方処方に、「烏賊骨(うぞっこつ)」と「延胡索(えんごさく)」という二つの生薬からなる「快胃片(かいいへん)」という漢方薬がある。                烏賊骨はイカの骨状の内殻で、年配者の中には、これを止血剤として切り傷に使用した人がいるはず。止血作用以外、胃酸を中和する作用、荒れた胃粘膜の修復作用があります。

一方、延胡索には、滞った気血の流れを改善することで胃の痛みを鎮める作用があります。ストレス性の胃腸障害は、再発を繰り返しやすい。                            原因となるストレスを緩和することが大切で、精神的な緊張を解いてくれる「開気丸(かいきがん)」「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」などの併用をすすめたい。

*現在、「快胃片」は製造を中止しています

胃腸の気の流れを良くする「開気丸(かいきがん)」

サイドメニュー

アクセス

011-774-3904
住所

北海道札幌市北区屯田4条2丁目7-32