血の不足を補って冷え性体質を改善

「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」は飲むカイロ

参茸補血丸は「飲むカイロ」

血の不足を補って、冷え性体質を改善

これからの季節、手足が冷えて眠れないという人が増えてくる。ベットの中で靴下が離せないという人もいる。ひどい場合には、しもやけなどの症状が出てくる。                   冬場はワンサイズ大きめの靴しか履けないという重度のしもやけで相談にみえる人も少なくない。  日本にやってきた当時、真冬でも短いスカートで街を歩く女性を見て驚いた。日本の女性は何と元気なのだろうと感心したものだが、よく話を聞いてみると大半の女性が、程度の差はあるものの冷え性体質だとわかって、またびっくり。おしゃれのため、かなり無理をしているようだ。          中医学の冷え性・しもやけ対策は、血液循環を良くするほか、全身の陽気(エネルギー)を高め、血液の量を増やすことを湯に考えている。普段から、貧血気味の人の血液の量を増やし、血行を促進する漢方薬としては、当帰を主にした「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」が良く使われる。         更に陽気不足が顕著な人には、「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」がよい。          参茸補血丸には、腎の働きを補い体力増強に効果のある「鹿茸(ろくじょう:鹿の幼角)」や今話題の人参や杜仲(とちゅう)、血の不足を補う当帰(とうき)や竜眼肉(りゅうがんにく)、気の不足を補う人参や黄耆などが配合されている。気血を補い、全身の機能を高めることで身体を芯から温めてくれる。まさに「飲むカイロ」と呼びたい薬だ。                              これに、血行を良くする「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」を併用すればさらに効果が上がる。                

サイドメニュー

アクセス

011-774-3904
住所

北海道札幌市北区屯田4条2丁目7-32