正気を高め腎を強化して腰痛改善

「独歩顆粒(どっぽかりゅう)」で痛みやしびれとさようなら!

正気を高め、腎を強化して腰痛改善

腎の衰えは腰痛となって現れやすい

以前、週刊誌で「腰痛3千万人の詩吟」という記事を目にしたときは、驚かされた。日本人の四人に1人が、腰に不安を抱えているということになる。                        腰痛は人類が二本足で歩き始めた時からの宿命とはいえ、日本人の「弱腰」(失礼!)は深刻な状況だ。腰痛は気象条件の影響を受けやすい。特に冷えと湿気が痛みの原因となるため、冬場に悪化することが多い。                                           中医学の腰痛対策は、抵抗力・免疫力(正気)を強め、身体全体の機能を高めることで痛みの改善を図る。正気が体内に充実していれば、邪気を追い払うことができるという考えだ。          古来「腰は腎の府」という考え方あるように、腰と腎は密接に関係しているため、腎の衰え(腎虚)は腰痛となって現れやすい。                                   したがって腰痛の改善には、腎の強化と、気血を補うことで正気を高める治療法が欠かせない。   中国では、腰痛および下半身の関節の痛みには、独歩丸(現在は独歩顆粒)が良く使われる。     独活・防風・細辛(さいしん)には消炎鎮痛作用が、杜仲(とちゅう)・桑寄生(そうきせい)には腎を補い、腰・膝・骨・筋を強める作用があり、さらには気を補う人参・白朮、血を補う当帰・地黄・川芎などの生薬も配合されている。                                     この処方ならではの「体力増強作用+消炎鎮痛作用」は慢性の腰痛・関節痛・坐骨神経痛などに効果を上げる。

サイドメニュー

アクセス

011-774-3904
住所

北海道札幌市北区屯田4条2丁目7-32